ハムスター

ハムスターの冬支度はできていますか?冬場に陥りやすい疑似冬眠とは

 

ハムスターを飼っていると、冬場に多い事故が「疑似冬眠」ではないでしょうか。

実際に私もはじめて飼ったハムスターを疑似冬眠にさせてしまいました。

発見が早かったため、一命を取り留めることができましたが、疑似冬眠は死亡率も高く危険です。

そんなハムスターの疑似冬眠は、何が原因で起こり、どのような症状が出るのでしょうか。

この記事では、疑似冬眠の原因や予防法、起こし方などをまとめました。

 

ハムスターの疑似冬眠ってなに?

 

 

冬場に多く起こるトラブルが、疑似冬眠です。

疑似冬眠は命に関わることも多いため、ハムスターの飼い主さんは良く理解しておく必要があります。

ここではハムスターの疑似冬眠とは一体どのような症状なのかを紹介します。

 

ハムスターの「疑似冬眠」とは?

 

疑似冬眠とは低体温になっていて、一見眠っているように見えますが、仮死状態です。

原因は急激な温度の低下で、気温が低い冬場の夜から朝方に多く見られます。

最も気温が下がる夜中から明け方に多く疑似冬眠に陥るため、朝起きたら死んでいたということも珍しくありません。

そもそも、ハムスターは一部の種類を除いて野生化でも冬眠をする習性はなく、飼育下で冬眠をすることはまずありません。

ハムスターは寒さに弱く、気温が10度以下になると疑似冬眠に陥る危険度が高くなり、5度を下回るとほぼ確実に疑似冬眠になるとされます。

低体温状態であるため早期発見が重要で、放っておくとそのまま死んでしまいます。

 

冬眠との違い

 

冬眠と聞くと、熊やカエルなどが思い当たるかと思います。

冬眠はその名の通り、寒い冬場を乗り切るために仮死状態になり、食事を摂らなくても生きることができるというものです。

冬眠はただ眠るわけではなく、秋からの準備が欠かせません。

食べ物の多い秋にたくさん食べて脂肪を蓄え、冬眠前には絶食をして体内の食物や排泄物を空っぽにします。

仮死状態の際は、消化器官の働きもほぼ停止するため、消化、排泄ができず体内で腐り毒素になってしまうからです。

長い期間をかけてはじめて冬眠をすることができるのです。

ハムスターはこのような準備をしないまま仮死状態に陥るため、すぐに死んでしまうのです。

 

ハムスターが疑似冬眠になってしまったら

 

 

実際にハムスターが疑似冬眠になってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょう。

ここでは、疑似冬眠と死後硬直の見極め方や、疑似冬眠からの起こし方を紹介します。

 

死後硬直と疑似冬眠の見極め方

 

疑似冬眠は一見すると死んでいるようにも見えます。

死んでいる場合と疑似冬眠との違いには、以下のような特徴が挙げられます。

 

  • 筋肉が完全に硬直していない
  • 僅かながら呼吸をしている
  • 目や口が閉じている
  • 毛並みがボサボサしていない

 

動物は死んでしまうと、筋肉が硬直して固くなります。

しかし、疑似冬眠は仮死状態であるため、身体に弾力が残っています。

死んでいるわけではないため、わずかではありますが呼吸もしています。

鼻先に顔をつ近づけるなどして呼吸を確かめてみましょう。

ほかにも、死亡すると筋肉の窮地により目や口が半開きになっていますが、疑似冬眠の際はしっかり閉じています。

また、これも死んでいる場合との違いで、毛並みがボサボサしていないという特徴もあります。

 

疑似冬眠の起こし方

 

ハムスターが疑似冬眠になった場合は、身体を温めて低体温状態から救う必要があります。

疑似冬眠になった場合、時間との勝負になるため焦らず迅速に行動をしましょう。

温めると言っても、ドライヤーなどの高温をいきなり当ててはいけません。

心臓に大きな負担がかかり、死んでしまう可能性があります。

ハムスターの体温と同じくらいの温度でじんわり温めることがポイントです。

おすすめは、37~38度ほどのお湯をペットボトルに入れタオルで包みます。

ペットボトルでハムスターを包み込むようにして温めます。

ホッカイロでも代用できます。

様子を良く観察しながら行い、身体が動いてきたら覚醒が始まったサインです。

覚醒するとすぐに元気になりますが、24時間は様子を見てください。

心配な場合には、動物病院に連絡をして指示を仰ぐと良いでしょう。

 

  • 助かるかは時間との勝負
  • 体温に近いお湯を入れたペットボトルを当てて体を温める
  • ドライヤーなどの高温を当てない

 

ハムスターを疑似冬眠にさせないための対策法

 

 

ハムスターを疑似冬眠にさせないためには、日頃の温度管理が重要です。

 

  • パネルヒーターなどでケージ内を15異常に保つ
  • 敷材を多めに敷く
  • 夜間は毛布を掛けるなどして温度を徹底管理する

 

何より重要なのは、ケージ内の温度を15異常に保つことです。

小動物用のパネルヒーターを活用して、24時間温度管理をしましょう。

また、敷材を多くしけばそれだけ潜って暖を取ることができます。

特に冷える夜間はケージに毛布などを掛け、温度が下がらないように気を配りましょう。

ケージの付近には温度計を置いておき、ケージ内の温度が分かるようにしておきましょう。

 

ケージの下に敷くタイプのヒーターがおすすめです!

 

ハムスターの疑似冬眠まとめ

 

 

気温が急激に下がると、ハムスターは低体温状態になってしまい、これを疑似冬眠と言います。

元来ハムスターは一部を除き冬眠をする生き物ではありません。

疑似冬眠は致死率が高く、日頃からケージ内の温度を15度以上に保ち予防をすることが重要です。

万が一疑似冬眠になってしまった際には、体温と同じくらいの温度で温めます。

急に体温を上げると、心臓に強い負担がかかり死んでしまうことがあるため注意してください。

この記事が、少しでも飼い主さんのお役に立てたら幸いです。