チョコレートや玉ねぎ、あげちゃいけない理由をご存知ですか?

 

犬や猫に与えてはいけない食べ物として「チョコレート」「玉ねぎなどのネギ類」が有名ですよね。

でも、なぜ与えてはいけないのか理由がわかる方までは少ないのではないでしょうか。

理由を知っておかないと、与えてはいけないことへの危機感を強く持つことができません。

犬や猫の飼い主さんは、与えてはいけない理由までしっかり認知しておくことが大事です。

そこでこの記事では、チョコレートやネギ類を与えてはいけない理由をまとめました。

 

チョコレートをあげてはいけない理由

 

 

チョコレートには「テオブロミン」という成分が含まれています。

人間も犬もテオブロミンを代謝することができますが、人間は容易に代謝できるのに対して犬は代謝に非常に時間がかかります。

そのため、代謝より早く蓄積され中毒症状を起こしてしまいます。

中毒症状を引き起こす量は身体の大きさによって異なります。

中毒症状はチョコレートを食べて数時間から半日ほどで症状が現れます。

症状は下痢や嘔吐、失禁、痙攣などが現れます。

テオブロミンに対しての解毒剤はないため、食べたらなるべくすぐに嘔吐させることが有効です。

犬は甘い味の食べ物が大好きですので、チョコレートが手に届く場所にあれば口にしてしまいがちです。

万が一ひとかけらでも食べてしまった場合には、症状がなくてもすぐに動物病院を受診するようにしてください。

症状が出てからでは助からない可能性が高いからです。

 

玉ねぎ(ネギ類)をあげてはいけない理由

 

 

長ネギ、玉ねぎ、ニラなどのネギ類を食べると、玉ねぎ中毒を引き起こします。

玉ねぎ中毒とは簡単に言うと、ネギ類に含まれている「アリルプロピルジスルファイド」という成分が、血液中の赤血球を破壊してしまうことで起こります。

症状としては貧血や血尿、黄疸、下痢、嘔吐などで、酷い場合には輸血が必要になることもあります。

ネギは生でも火を通しても、ネギが溶け出したスープでも毒性に変わりはありません。

ネギに対してもやはり解毒剤はなく、輸液や輸血などの処置が一般的です。

応急処置としてはすぐに嘔吐させることが有効です。

ネギの場合少量では症状が出ない場合もありますが、検査で分かりますので食べてしまったら様子を見ずにすぐに動物病院を受診するようにしてください。

 

まとめ

 

 

ペットにチョコレートやネギを与えてはいけない理由は、私たち人間が容易に代謝できる成分が、ペットにとっては代謝が間に合わず中毒症状を引き起こしてしまうからです。

哺乳類は私たちと似た体のつくりをしていますが、必ずしも全く同じわけではありません。

特にチョコレートやネギ類は致死率も少なくない食材です。

食べてしまった場合には時間との勝負になりますので、「様子を見て症状が出るようなら」ではなく、症状が出ていなくても動物病院を受診または電話相談をするようにしてください。

大切なペットを誤食で亡くさないためにも、正しい知識を持って共に生活をするようにしましょう。

この記事が少しでもお役に立てることを願っています。