その他のペット

2020年「ネズミ」の仲間のペットにはどんな種類がいるの?

 

2020年の干支はネズミということで、干支にちなんで新しい家族にネズミの仲間をお迎えしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

愛玩として飼えるネズミの仲間には、どのような種類がいるのか気になりますよね。

そこで、この記事ではペットとして飼うことのできるネズミの仲間を紹介します。

 

ハムスター

 

 

値段:3,000~5,000円

寿命:2~3年

 

ネズミの種類で最もポピュラーなペットがハムスターだと思います。

ハムスターは生体代も安く、飼育スペースをあまり必要としない、鳴かないということで人気の高いペットでもあります。

身体の大きなゴールデンハムスターや、カラーバリエーションの豊富なジャンガリアンハムスターなどの種類が販売されています。

ゴールデンハムスターのほうがおっとりしている子が多く、ジャンガリアンは好奇心旺盛な子から臆病な子までさまざまです。

購入する際は多頭飼いができないので、一匹につき1ケージで飼育をするようにしましょう。

 

モルモット

 

 

値段:4~8年

寿命:5,000円前後

 

モルモットも昔からペットとして親しまれてきた生き物です。

寿命は4~8年と幅広で、なかには10年以上生きた例もあります。

生体価格も種類によって異なることが特徴です。

直毛、巻き毛、短毛、長毛など被毛のバリエーションも豊富な生き物です。

なかには口周りにしか毛のないスキニーギニアピックと言う珍しい種類も存在します。

警戒心の強い生き物ですが、小さなころから愛情を込めてお世話をすることで、人間を怖がらなくなりますよ。

 

デグー

 

 

値段:5,000~10,000円

寿命:5~8年

 

デグーは比較的最近人気が出てきた種類です。

ゴールデンハムスターより一回り大きく、ネズミ特有の大きな耳と長い尻尾が特徴です。

まだあまり種類のバリエーションもありません。

デグーは賢く社会性があるため、比較的人間にも懐いてくれます。

しかし、スキンシップの摂り過ぎはストレスに繋がるため、構いすぎも良くありません。

 

チンチラ

 

 

値段:20,000~60,000円

寿命:約15年

 

チンチラは何といってももふもふの被毛が特徴で、非常に良い触り心地です。

毛皮として使われることもあるほどです。

臆病で神経質ですが、飼い主さんに心を開けばそれなりに良く懐いてくれます。

また、多頭飼いはできないので一匹に付き1ケージ必要になります。

 

まとめ

 

ネズミの仲間でペットとして飼える生き物は、意外とたくさんの種類がいることがわかりました。

ハムスターやモルモットをはじめ、デグー、チンチラなどが挙げられます。

ほかにもハツカネズミなどをペットとして飼育している方もいますよ。

お迎えする場合には、猫などネズミを捕食する生き物がいない環境で飼育をするようにしてください。