ハムスター

2020年はネズミ年!ハムスターってネズミなの?

 

2020年になり、オリンピック開催の年でもありますね。

さて、今年の干支はネズミです。

ネズミと言って思い浮かべるペットは「ハムスター」ではないでしょうか。

そこで気になるのが、ハムスターってネズミなの?ということです。

私自身もハムスターの飼育経験があり、「ハムスター?ネズミじゃん」と言われると「ネズミじゃない、ハムスターだよ」と腹が立ったことがあります。

ネズミと言うと、どうしても害獣であるドブネズミや家の屋根裏に住むネズミのイメージが強いから嫌でした。

では、ハムスターは彼ら害獣とされるネズミとは違うのでしょうか?

この記事では、そんな疑問に答えていこうと思います。

 

ハムスターはネズミの仲間

 

 

ハムスターは、キヌゲネズミ亜科に属する齧歯類(げっしるい)です。

一方のドブネズミやクマネズミ、ハツカネズミはネズミ亜科に属します。

どういうことかというと、齧歯目にはたくさんの種類がいます。

齧歯目は大きくネズミ亜科とネズミ科に分類されます。

ここからどんどん枝分かれしていきますが、次の段階で大きくネズミ亜科とキヌゲネズミ亜科に分類されます。

ほぼ最初の段階で分かれているため、同じ齧歯目ではありますがハムスターとドブネズミやクマネズミとは遠い遠い親戚ということになります。

結局ハムスターはネズミなのか、ということについての答えは「ネズミです」。

比較的ネズミの中でも見た目が可愛いハムスターは、品種改良をされて愛玩動物となりました。

 

ハムスターと「害獣のネズミ」の違い

 

 

キヌゲネズミ亜科のハムスターと、ネズミ亜科のドブネズミやクマネズミには、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

身体の違い

ハムスターは体つきが丸く、尻尾が短いことが特徴で、毛並みも直毛や巻き毛などが存在します。

一方のクマネズミなどは体つきに丸みはなく、耳が大きく尻尾が長いことが特徴で、毛は短毛です。

ミッキーマウスのモデルとなったのは、ガレージにいたネズミということから、クマネズミではないかと憶測できます。

 

頬袋の有無

ハムスターはリス同様、頬に袋がありエサを貯め込む習性があります。

クマネズミなどに頬袋はありません。

 

ライフスタイルの違い

ハムスターは単独で生活しているのに対し、クマネズミなどは集団で行動します。

また、食事のスタイルも異なり、ハムスターは種子類を好んで食べるのに対し、クマネズミなどは雑食ですが肉を好んで食べる習性があります。

 

まとめ

 

 

ハムスターはネズミの仲間ですが、ドブネズミやクマネズミとは違う種類に分類されます。

ネズミは昔から感染症の媒体になったりすることから、害獣として人に嫌われてきました。

その名残がいまでもあり、ネズミと言うと悪い印象ばかりが浮かんでしまいます。

しかし、ハムスターにそのようなことはなくきれい好きで人に懐く愛らしい生き物です。

このことから、ネズミ=悪い生き物と思い込むのは間違いと言えるでしょう。