その他のペット

ミルワームはそのまま与えてはダメ!?おすすめの飼育法紹介

 

爬虫類やハムスターなどに与えるミルワームですが、買った物をそのまま与えると栄養が不十分で、貧血になってしまう場合もあります。

どうせ与えるなら、栄養が良い状態で与えたいですよね。

そこでこの記事では、ミルワームを栄養満点に育てる方法を紹介します。

 

買ったままのミルワームは栄養状態が悪い

 

 

販売されているミルワームは、大体木くずの中に入っています。

状態を見れば良くわかるのですが、やせ細って栄養状態が良いとはいえません。

良質なタンパク源として与えるミルワームは、栄養満点にしてから与えることをおすすめします。

また、乾燥や粉上のミルワームも販売されていますが、おすすめは生きているものです。

生きているものであれば、栄養状態を良くしてから食べさせることができるからです。

では、ミルワームを栄養満点に育てるには、どのような方法で飼育をすれば良いのでしょう。

ここからは、ミルワームの育て方を紹介します。

 

ミルワームを栄養満点に育てる方法

 

 

ここからは、ミルワームを栄養満点に育てる飼育方法を紹介します。

用意するもの

 

  • 人間用の粉ミルク
  • ザル
  • ミルワーム

 

人間用の粉ミルクは、ドラックストアで販売されています。

ザルは木くずとミルワームを分けるために使うので、100均などの安いもので構いません。

ミルワームは通販でも購入できますよ。

 

ミルワームは通販でお得に購入することができます!

 

育て方

 

  1. ミルワームをザルに入れて木くずと分ける
  2. ミルワームを粉ミルクの中に入れる
  3. 数日待つ

 

育て方は粉ミルクにミルワームを入れるだけですので、誰でもチャレンジすることができますね。

粉ミルクはミルワームが好んで食べてくれるほか、人間の赤ちゃんが育つためのものですので、タンパク質、脂質、カルシウムなどとにかく栄養が豊富です。

数日経てば、面白いほど丸々と太り、大きく成長しますよ。

与える際に粉ミルクがついていても害はありません。

良く太った大きい幼虫より栄養価が高いため、率先して与えると良いでしょう。

キャベツなどの野菜を与える際には、粉ミルクは水気を含むとカビが生えやすいため容器を分けて与えるようにしてください。

ミルワームQ&A

 

 

ここからは、ミルワームを飼育する際に良く耳にする疑問や質問を紹介していきます。

 

サナギや成虫を与えても大丈夫?

 

ミルワームは放っておくとサナギや昆虫に成長しますが、与えても大丈夫なのでしょうか。

この答えは、与えても大丈夫です。

特にサナギは栄養価が高いと言われているため、成虫に育たせないためにも率先して与えることをおすすめします。

 

生餌をそのまま与えてもいいの?

 

基本的に挿し餌が必要な雛や幼体与える際には、頭をつぶしてから与える必要があります。

しかし、大人の個体は本能的に頭をつぶしてから食べることを知っているため、そのまま与えても問題はありません。

また、ハムスターなど頬袋にエサを貯める生き物も、ミルワームのような痛みが早いものは溜め込まずにその場で食す習性があるため、生きたまま与えても問題はありません。

 

ミルワームは何の幼虫なの?

 

ミルワームは、ゴミムシダマシ科の甲虫または幼虫のことです。

穀物を好んで食べるため害虫とされてきしたが、屋内飼育に適しているため容易に繁殖ができることから生餌飼料として飼育されるようになりました。

販売されているミルワームは、成虫になると黒色の昆虫になります。

 

すぐに成虫になって困る

 

特に暑い夏場は、ミルワームの行動が活発になり、すぐに成虫になってしまいます。

成虫を放っておくと、すぐに死んでしまうためエサとして飼育するにはなるべく幼虫のままでいて欲しいですよね。

幼虫の期間を長くするためには、ミルワームの行動を鈍くすることが効果的です。

行動を鈍らせるためには、低温で飼育する方法がおすすめですので、冷蔵庫に入れるのが最も効率的です。

冷蔵庫に入れても死んでしまうことはなく成長が緩やかになるためおすすめです。

 

ミルワームの育て方まとめ

 

 

ミルワームは、買ったばかりの状態では栄養状態が悪く、そのまま与えるのはおすすめできません。

栄養満点に育ててから、与えると良質なタンパク源にすることができます。

飼育のポイントは、人間用の粉ミルクの中で飼育をすることです。

粉ミルクは高カロリー、高脂質、高カルシウムなど栄養が豊富で嗜好性も高いため、ミルワームを早く栄養満点に育てることができます

ミルワームは生餌がおすすめで、サナギや成虫を与えても問題はありません。

今までそのまま与えていた方は、是非この方法で飼育をしてみてください。

きっと、丸まると太った姿を見て驚くことでしょう。

この記事を読んで、少しでも大切なペットのお役に立てたら幸いです。