ペット全般

増える災害!用意しておきたいペットの避難グッズ紹介

 

近年、日本の全国各地で台風や地震などの自然災害が増えています。

都心など安全な地域でも災害が発生しているため、もはやどこに住んでいようと、災害対策は必要不可欠です。

大切なペットを飼っている方は、ペットの安全も確保しなくてはなりません。

急な災害に備えるには、予め必要最低限のものをまとめておくことが重要です。

そこでこの記事では、実際に東日本大震災で被災した私が、災害に備えて準備しておきたい「避難グッズ」を紹介します。

 

ペット用避難グッズの作り方

 

 

災害に備えたペットの避難グッズは、どのように作るともしもの際に効率的に使用できるのでしょうか。

ここでは、おすすめの避難グッズの作り方を紹介します。

バッグはリュックがおすすめ

 

避難グッズは最低限のグッズを、バッグに入れて一まとめにしておくとすぐに持ち出せて便利です。

さらに使用するバッグは、ハンドバッグなどではなく「リュック」がおすすめです。

避難する際にはペット用のグッズだけでなく、自分の避難グッズやペット自体も連れていかなければなりません。

両手が自由に使えるリュックは、避難用に用いるのに適しています。

 

食料は1週間分の量を用意する

 

災害で避難を余儀なくされたり、断水などで普段の生活ができないことを想定すると、バッグに入れる食料や備蓄品は1週間分は欲しい所です。

大体1週間程でライフラインが整い、ペット用のエサなど生活用品も配給されるようになるでしょう。

 

リュックに入れるもの

 

 

ペットの種類にもよりますが、代表的な犬や猫の場合には、以下のものを用意しましょう。

 

  • エサ・水・おやつ
  • ペットシーツ
  • 毛布・タオル
  • 薬(飲んでいる場合)
  • お気に入りのおもちゃ

 

これだけは最低限入れておきたいグッズです。

では、選ぶ際のポイントなどを詳しく紹介します。

エサ・水・おやつ

 

避難グッズで最も重要なのは、命をつなぐもの「エサ」です。

避難所に行っても、ペットのエサまで用意されている場所は少ないでしょう。

いつも食べているエサを1食分ずつ小分けにして、賞味期限などをメモしておくと便利です。

食器は紙皿など衛生的なものを用意しておくとおすすめです。

災害などは、ペットにとってもショッキングなもので、食欲不振に陥る子も少なくありません。

そこで、嗜好性の高いエサを用意しておくこと役に立ちます。

犬や猫であれば缶詰やパウチのフードが嗜好性が高くおすすめです。

また、おやつも食欲低下時に役に立ちます。

【カナガンドッグフード ウェットタイプ】

良質なカナガンからもウェットタイプが販売されています!

水は水道水か、数日であればミネラルウォーターを与えても問題はありません。

気になるようであれば、ペット用の水も販売されているため、ストックしておくと良いでしょう。

 

ペット用の水ならば、安心して飲ませることができますね!

 

ペットシーツ

 

食料の次に用意したいのが、トイレ用品です。

避難所にはペット用品がない場合も多く、外に散歩に行くのは危険な場合もあります。

猫などもペットシーツに慣れさせておくと、災害時には便利です。

汚れたペットシーツや便を入れるビニール袋もあると助かります。

 

タオルや毛布

 

災害が冬場だった場合や、キャリーを覆って安心させるため、汚れを拭いてあげるためなどの目的で、毛布やタオルがあるとなにかと役に立ちます。

毛布は避難所で貸し出している場合もありますが、ペットに使用して良いか確認をしてから使うようにしてください。

余裕があればウェットティッシュもあると便利です。

 

薬など飲んでいるものがあれば

 

普段から病気があり、服薬している場合には薬の準備もしておきましょう。

薬もやはり1週間分は用意しておきましょう。

普段から一まとめにして持ち出しやすくしておくと便利です。

 

お気に入りのおもちゃ

 

グッズの中には、ペットのお気に入りのおもちゃや飼い主さんの臭いのついた物も用意します。

災害のショックや避難所でのストレスや恐怖を軽減してくれるため、気晴らしができるものを一つ用意しておくことをおすすめします。

 

抱っこは危険!必ずキャリーを用意する

 

 

ペットを連れて避難する際、良く抱っこをする方をお見受けしますが、これは大変危険なので是非止めて頂きたいです。

普段大人しく飼い主さんに抱っこされているような子であっても、災害時にはパニックに陥り、暴れて逃げてしまう子も少なくありません。

避難時には、必ずキャリーに入れて移動してください。

自宅避難の際にも、危険があった際にすぐ移動や避難ができるよう、やはりキャリーに入れておくと安全です。

 

ベッドとバッグが一つになているので、用途の幅が広がり便利です。

 

キャスターがついて移動できるキャリーバッグも使いやすくおすすめです!

 

ペット用避難グッズの作り方まとめ

 

 

避難グッズになにを入れたらいいかについては、命に関わる物を優先に選択しましょう。

 

  • エサ・水・おやつ
  • ペットシーツ
  • タオル・毛布
  • 服用していれば薬
  • お気に入りのおもちゃ

 

いずれも1週間分を目安にし、両手が自由に使えるリュックに入れておくと便利です。

災害時には飼い主さん自身も身の危険があり、生活に影響が出ることもあるため、ペットのことはどうしても後回しになってしまいがちです。

ペットの身の安全を守るためにも、災害が起こる前から備えておくことがなにより重要だと私は考えています。

私もキャリーやエサなどは何かあった際にすぐに持ち出せるように目のつく場所に置いています。

皆さんも、是非参考にしてみてください。