番じゃないのに卵を産だ!?鳥の有精卵と無精卵について紹介

 

「1羽なのに卵を産んだ!温めたら雛は孵化するの?」

鳥を飼っている方で、1羽なのに卵を産んでしまった体験をした方は少なくないでしょう。

なぜ番ではないのに卵が産まれたのか、その卵は孵化するのかなど分からないことだらけですよね。

そこでこの記事では、鳥が1羽で卵を産む原因をまとめました。

 

鳥の卵は2種類ある

 

 

鳥の卵は「有精卵(ゆうせいらん)」と「無精卵(むせいらん)」の2種類に分けられます。

では、有精卵と無精卵とはどのような卵なのか、詳しく説明します。

 

有精卵

 

有精卵とは別名「受精卵」といい、オスとメスが交尾を行って受精した卵であり、命ある卵です。

抱卵することで、雛が産まれます。

 

無精卵

 

無精卵とはメスが単体で産む、または交尾をしても受精しなかった卵で、命のない卵です。

こちらは受精していないため、いくら温めても雛が孵ることはありません。

鳥類のメスは、単体でも卵を作ることができます。

疑似妊娠と似ており発情すると卵を産みますが、その卵は無精卵であり雛が孵ることはありません。

 

ニワトリの卵はほとんどが無精卵

 

 

私たちが日ごろ食べている鶏の卵は、ほとんどが「無精卵」です。

採卵用のニワトリは卵を温めないように改良されており、平均で毎日1個の卵を産みます。

子供の実験などで、販売されている鶏やウズラの卵から雛が孵ったという話を耳にしたことはありませんか?

無精卵であれば、なぜ雛が孵るのでしょうか。

ここからは、その理由を解説します。

 

「有精卵」が混じっていたから

 

鶏を育てている養鶏場には、数羽ほどオスも飼育されています。

その理由としては、メスの発情を促したりメス同士の争いを回避したりするためです。

そのオスとメスがたまたま交尾をして、有精卵が混ざってしまうことがあります。

かなり低確率ですが、その有精卵を購入して正しい方法で温めると雛が孵ることがあります。

 

冷蔵庫に入れた卵は孵化するの?

 

卵は通常冷蔵庫に入れて保管しますよね。

冷蔵庫に入れた卵は、低温で死んでしまうのではないかと気になった方もいるかと思います。

雛は卵の中で細胞分裂を繰り返して育っていきますが、細胞分裂は母鳥が抱卵(卵を抱く)することで開始します。

ですから、まだ細胞分裂のはじまっていない有精卵を冷蔵保存しても、死んでしまうことはありません。

しかし、細胞分裂が一度始まった卵を冷蔵保存すれば、当然中の雛も死んでしまうことになります。

 

有精卵か無精卵か見分けるには

 

 

有精卵か無精卵かが分かるのは、抱卵がはじまって7日前後経ってからです。

暗い部屋に卵を持っていき卵に光を当て透かしてみると、有精卵には血管が見られます。

無精卵の場合は、光を当てても真っ白なままです。

もし、ご自身で卵から雛を孵してみたいと思ったら、「孵卵器」いと卵を温める機会が販売されているので、それを使って挑戦してみることをおすすめします。

 

自力で卵を孵化させたい方は孵卵器を使うとおすすめ!

 

鳥の卵まとめ

 

 

鳥類のほとんどは、メス単体で卵を作ることができます。

そのため、メスしかいない場合でも卵が産まれることがありますが、受精していないため孵ることはありません。

雛を孵すには、オスとメスが交尾をして受精卵(有精卵)を作る必要があります。

養鶏場ではメスが多く飼育されていますが、数羽ほどオスも混じっていて、有精卵が混ざってしまうことがあります。

有精卵は親鳥が抱いてはじめて細胞分裂がはじまるため、抱く前の卵は冷蔵保存しても死んでしまうことはありません。

この記事を読んで、鳥はメスだけでも卵を産めるが、孵化はしないということを学んで頂けたら幸いです。